中指と人差し指で操作するワイヤレストラックボール、Kensingtonから

新製品

2020/10/06 08:35

 アコ・ブランズ・ジャパンのKensingtonブランドは、精密なコントロールと快適な操作感を実現した「Orbit Fusionワイヤレストラックボール」を10月5日に発売した。税別価格は8140円としている。

Kensingtonの新ワイヤレストラックボール

 Orbit Fusionワイヤレストラックボールは、エルゴノミスト認定の快適さを追求し、中指と人差し指操作での精密なコントロールと特許取得のスクロールリングを搭載したモデル。通常マウスを使用しているユーザーも、マウスから移行しやすいデザインで、トラックボールの使用に馴染みやすい設計となっている。

 高品質なレーザートラッキングセンサー、中指操作の直径40mmトラックボール、素早くDPI切替可能な切替ボタンで、スムーズに緻密で正確なコントロールを可能とし、カーソルの操作性を向上する。独自の親指操作のスクロールリングで、より精密で直観的な操作が可能となり、快適な使用感を実現した。さらに、手首、腕と肩の位置を改善し、動作を最小限に抑えるため、長時間の操作も快適に行える。

 デフォルト設定で、Plug&Playですぐに使用することが可能。また、無料のKensingtonWorksソフトウェアによって、ポインターやスクローリングのカスタマイズを行ったり、5つのボタンの機能割当も可能となっている。

 2.4GHzのレシーバーでWindowsまたはMacOSで使用可能。USB-A to USB-Cアダプタを付属しており、USB-C接続のノートPCでも使用できる。また、目的にあわせてDPIの切替を行うことで適切なコントロールが行える。DPIは400、400-800、800-1500で設定可能。低いDPIは精密なコントロールと作業に向いており、高いDPIはブラウジングなどカジュアルなコントロールに向いている。

オススメの記事