【思わず使いたくなる文房具あれこれ・23】 筆記具を選ばないスムーズな書き味を誇る「ブロックロディア」シリーズ。実は先日、そんなロディアシリーズで面白いアイテムを発見した。その名も「ロディア クリックブロック マウスパッド」。文字通りメモ帳とマウスパッドが一体化した商品で、価格は748円(税込み)と、メモ帳として少々お高め。一体、どのような使い心地なのか、実際に使ってみた。

ロディア クリックブロック マウスパッド

 そもそもブロックロディアシリーズとは、世界87カ国以上で愛用されるメモブロックのこと。紙はベラム紙80gを採用。その書き心地は、“1度使ったら手放せなくなる”といわれている。「ペンの滑りが滑らかで、文字を書きまくりたくなる」「使いやすさはもちろん、デザインもお気に入り」といった声もあがっている。

 そして、今回紹介するメモブロックはマウスパッド兼メモパッド。サイズは19×23cmほどで、方眼メモパッドの裏面に滑り止め加工が施されている。一見、何の変哲もない裏面なのだが、試しに触ってみると何とも不思議な感触。あえて言葉で表現するなら、革のような肌触りだ。
 
19×23cmのサイズで方眼メモは全部で30枚

 方眼メモは5mm方眼。2辺が糊で綴じられており、メモを切り離せば新しいページがお目見えする。なるほど、実際に使ってみて分かったが、2辺糊づけされているおかげで紙がしわになりにくい。マウスもスルスル動かせた。
 
なぜ“2辺”も糊づけされているのかと思ったが…
 
マウスを動かした時にしわになりにくいことが分かった!

 書き心地についても、全くのストレスフリー。裏面の滑り止めのおかげで、片手間にメモを取ってもしっかりペンが走っていく。これならデスクの上もスッキリするし、いちいちメモを開く手間もいらない。デスクワークが効率よく進みそう。
 
効率的なデスクワークを実現できそう

 パソコン作業が多い方は、ぜひ採用してみてはいかがだろうか。(フリーライター・藤崎恭弥)

■Profile
藤崎恭弥

30代男性。妻と息子の3人家族。仕事はウェブの広告系で、会社で副業が解禁されたことでフリーライターの道に。昔から無類の文房具好きで、有名メーカーの新作や無名メーカーの謎商品を都度購入して試している