キャッシュレス決済の推進と地域経済の活性化を目指し、神奈川県平塚市は、紙の地域応援プレミアム付商品券に相当する、スマートフォン(スマホ)とQRコードを活用した独自のプレミアムポイント(地域マネー)「ひらつか☆スターライトポイント」を10月5日に発行開始する。プレミアム率は30%で、1万3000円分のポイントを現金1万円で販売する。購入上限は1人3万円。

申し込みから使用開始までのスケジュール

 8月28日に申し込みの流れなどの詳細を公開した。取扱加盟店(ポイントを利用できる店)、販売店(ポイントチャージができる店・限定300店舗)は、既に8月17日から募集している。
 
取扱加盟店・販売店募集の告知

 ポイントの購入・利用には専用アプリ(10月5日リリース予定)が必要で、取扱加盟店で事前に購入したポイントを使って、アプリで店舗に掲出されたQRコードを読み取ると買い物できる。発行総額は8億6667万円(プレミアム分2億円含む)で、国の「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を主な原資としている。
 
「ひらつか☆スターライトポイント」の事業モデル

 市在住者は、9月14~30日に専用ウェブサイトから事前申込が可能。申込多数の場合は抽選となる。利用可能期間は、事前申込当選者が2020年10月5日~21年2月28日、一般販売は10月19日~21年2月28日。一般販売分は上限に達成次第、販売終了。
 
ポイント利用イメージ
(フェリカポケットマーケティングの「よむすび」の地域マネー機能を活用)

 使える店舗数は応募状況によって変わるが、市内1000店舗を目標に掲げる。平塚市産業振興課によると、過去5回発行した紙のプレミアム商品券では過去最大のプレミアム率であり、手数料を含め、市内の業者で消費が循環するよう、地域マネーに分類される、独自のポイント導入を決めたという。なお、ポイントチャージ用端末は無料で貸与し、販売店にポイント販売額の10%をキャッシュバックする。

 問い合わせは、フェリカポケットマーケティング内、ひらつか☆スターライトポイント事務局0570-033-191、受付時間は10~17時。