電子ペーパーの課題を巧みに克服! キングジムのデジタルノート「フリーノ」

レビュー

2020/08/12 18:00

 キングジムといえばデジタルメモ「ポメラ」やスマートボールペン「インフォ」など、近年はユニークなデジタル文具を開発するメーカーとして名を馳せている。そのキングジムが発売した新製品の電子ペーパー搭載のデジタルノート「フリーノ(FRN10)」をレビューする。

キングジムが発売したデジタルノート「フリーノ」の使い心地を試した

軽くてコンパクト。筆記には専用デジタルペンを使用

 フリーノは6.8インチの16階調グレースケール表示に対応するE-Ink社のデジタルペーパーを搭載している。解像度は1440×1080ドット。タッチパネルは静電容量方式。筆記には電磁誘導方式の専用デジタルペンを使う。ツールバーのアイコン選択やページ送りなどは指でも操作できる。

 本体は175×132mmで、B6サイズのダイアリーよりも一回りほど小さめ。厚さが約10mmあるので、初めて手にした際には電子ペーパーを採用するデジタルノートとしては少し厚みがあるように感じた。
 
片手で持ちながらハンドリングも無理ではないサイズ感
 
背面はマット仕上げなので手元にしっかりとグリップする

 Android OSを基幹ソフトウェアとして、Wi-Fi機能も積んでいると聞いてサイズ感に合点がいった。デジタルペンを含む質量は約240g。片手で軽快にハンドリングできるし、女性がバッグに入れて持ち運ぶのにも無理のないサイズだと思う。
 
本体は少し厚めに感じられるが多彩な機能が揃っていることを知ると納得できる

 細くて軽い専用デジタルペンは充電不要。使い込むと芯がすり減ってくるので、専用の替え芯が用意されている。筆記に使わない時は本体にクリップしたり、マグネットで吸着できるとよかった。同時発売される「フリーノ専用カバー」にはペンを収納できるホルダーがある。
 
電磁誘導方式の専用デジタルペン。ペン先は交換式
 
ペンのホルダーも搭載する専用カバーが同時に発売される

 フリーノの価格はオープンで、実勢価格は3万円台後半になると予想される。デジタル文具としてはやや高価なように感じるかもしれないが、デジタルペーパーのパネルはコストが高いことを考えると値付けは頑張っていると思う。専用カバーもオープン価格だが想定売価は3000円前後。カラバリはブラック/ブラウン/グレーの3色から選べる。

 内蔵バッテリーによる連続駆動は、1日約15分間ノートを記入した場合、フル充電から約10日間使えるスタミナを確保した。実際には1日15分以上使うことは頻繁にあるだろうし、反対にWi-Fi機能は使う時以外はオフにするなどこまめに省エネを気遣えば多少前後するはずだ。

 電子ペーパーが消費する電力は液晶ディスプレイよりも圧倒的に低いので、ヘビーに使い込んでもフル充電から1日単位でバッテリーを持たせることができる。デジタル文具としての魅力が感じられるポイントだ。

紙のような書き心地。文字や簡単なイラストがきれいに書ける

 電子ペーパーを採用するデジタルノートには他社からも先行発売されている製品がある。筆者はデジタルノートにとって何より大事なのは「書き心地」だと考える。フリーノは専用のデジタルペンで文字を書くと紙にペンで書いているような筆記抵抗が得られる。鉛筆よりも少し滑らかな、さらっとした書き味だ。

 文字や線の輪郭がガタつくこともなく、ペン先の遅延も感じられない。書き心地はとてもスムーズで良いと思う。書いた文字や線を消す時にはツールから消しゴムを選んで該当箇所を細かく消すか、エリアを選択して一気に消すこともできる。
 
ペン先の太さやペンの種類、濃淡が設定から選べる。
四角形、正円などよく使う図形は自動描画機能もある

 ペン先の種類は鉛筆/ペン/筆の3種類から選べる。それぞれにペン先の太さを2~15まで1段刻みで変えたり、グレースケールの濃淡に変化を付けたりできる。電子ペーパーは“塗りつぶし”の表現力にはあまり長けていないが、筆先を上手に調節して使えば簡単なイラストのラフスケッチにもフリーノが使えそうだ。
 
筆モードで描くとイラストのラフスケッチにも使えそう

 正円や四角形、グラフ罫線などを綺麗に描画するツールもある。ソフトウェアキーボードで文字をタイピングすることも可能だが、こちらはあくまで補助的な機能だと思う。

 ノートのページは作成時にタテ・ヨコのレイアウトが選べる。テンプレートは無地に横罫、方眼など12種類のプリセットが用意されている。またはユーザーが自分で1440×1080ドットの画像データをPhotoshopなどのソフトで作成して、JPEG/PNGデータを背景画像として読み込ませれば最大4件までカスタムフォーマットを保存して繰り返し使える。

[次のページ]ファイルはPDFでDropboxに保存も可能。カレンダーとしても使える

  • 1
  • 2

次へ

オススメの記事