G-SHOCK、プロバスケ八村塁選手のシグネチャーモデルを発売

新製品

2020/07/29 17:43

 カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の、プロバスケットボールプレーヤーの八村塁選手による初のスグネチャーモデル「GST-B100RH」を8月8日に発売する。税込み価格は6万8200円。

GST-B100RH

 GST-B100RHは、学生時代から「G-SHOCK」を愛用している八村塁選手がデザインを監修したシグネチャーモデル。異素材を組み合わせたベゼルが特徴の「G-STEEL」シリーズから、型のディスク針を備えたアナログクロノグラフ「GST-B100」をベースモデルに採用し、ブラックを基調にメタル部分にエッジの効いたゴールドIPを施し、クールな印象に仕上げた。

 八村塁選手の名前や背番号「8」にちなんで、8時のインデックスやボタンパイプ、ディスク針などに情熱的なレッドをあしらっており、シグネチャーモデルの証として裏蓋や遊環、専用パッケージに「Black Samurai logo」と呼ばれる同選手オリジナルのロゴを配置している。
 
裏蓋や専用パッケージには「Black Samurai logo」を配置

 GST-B100RHについて、八村塁選手は「がイメージしたデザインそのままに完成され、すばらしいです。色々なファッションに合いそうでいいですね。僕のロゴが時計に刻まれているのもすごくかっこいいですし、僕にとって重要なシンボルなので嬉しいです」とのコメントを寄せた。

 同社は、八村塁選手と「G-SHOCK」が、ともに日本から海外へと活躍の場を切り拓き、挑戦し続ける姿勢が相通じることから、2019年11月にグローバルパートナーシップ契約を締結している。

オススメの記事