特定販路向け初の前後撮影対応2カメラドラレコ「DRV-MR450DC」、7月上旬に発売

 JVCケンウッドは、「ケンウッド」ブランドから特定販路向けドライブレコーダーの新製品として、前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MR450DC」を7月上旬に発売する。

DRV-MR450DC

 DRV-MR450DCは、自動車販売、カーリース、レンタカー業界など特定販路向けのモデルとして初めて、前方・後方の同時録画に対応した2カメラ搭載ドライブレコーダー

 本体を覆うことで、本体の操作やSDカード/電源ケーブルの抜き差しをできないようにする本体操作防止カバーが付属しているので、営業車などのリース車両、レンタカーなどで利用者による設定などの変更を防ぎ、録画データの管理に役立つ。
 
付属の本体操作防止カバー

 車内のシガーソケットを使用することなく、車両から直接給電可能な車載電源ケーブルが付属し、すっきりとした設置と、確実な電源供給を実現している。

 フロントカメラには、水平122°、垂直63°、対角150°の広視野角のレンズを採用し、広い範囲を撮影できる。リアカメラには、「スモークシースルー機能」を備え、リアガラスがスモークガラスの車にも対応する。設定は、リアガラスに合わせて3段階で調整が可能なので、後方の映像も明るく鮮明な映像で記録できる。

 フロントカメラ、リアカメラともに、F1.8の明るいレンズを採用し、暗所での撮影に強く、総合的に画質を向上する。また、フルハイビジョン録画対応なので、走行時でもナンバープレートや標識など、細部まで高精細な記録を可能にしている。

 撮影機能では、明暗差の激しい環境での白とびや黒つぶれを抑えるHDR機能に対応するほか、エンジンのオン/オフに連動して自動で録画を開始する「常時録画」、必要に応じて録画を開始/停止する「手動録画」、Gセンサーが突発的な衝撃や急激な速度変化を検知した際に自動で録画を始める「イベント記録」に対応する。

 別売の車載電源ケーブル「CA-DR350」を使用すれば、最長24時間の駐車監視録画もできる。

 ほかにも、従来のドライブレコーダーでの録画時に定期的に行う必要があったSDカードのフォーマット作業を不要にし、録画の信頼性を高める「SDカードメンテナンスフリー機能」を搭載する。さらに、運転支援機能として、前方の車両と安全な距離が保たれていない場合や、時速60km以上で走行中に車線からはみ出した場合、前方車両の発進時に自車の発進遅れを検出した場合、連続運転を長時間続けた場合に警告音で知らせる機能、Gセンサーで車の動きを検出し、運転の仕方を自動診断する「エコドライブ表示機能」を備えている。

 推奨メディアは、Class 10以上のmicroSDHCカードで、容量16GB~32GBのメディアに対応する。

オススメの記事