コシダテックは、リアルタイムで話せるドライブレコーダー「BlackVue」を6月8日に発売する。ラインアップは、「DR750-2CH LTE」と「DR750-2CH IR LTE」の2機種。

BlackVue

 BlackVueは、「リアルタイムマルチビュー」機能や、ドライバーと直接話せる「双方向通話機能」を備えており、管理者が運転中のドライバーと直接コミュニケーションをとれるドライブレコーダー。
 
「リアルタイムマルチビュー」機能のイメージ

 双方向通話機能では、万が一の事故の際など何かが起きた瞬間に、ドライバーがハンドルから手を離すことなく、リアルタイムで直接通話が可能なので、迅速に状況を把握して的確にサポートを行うことができるので、社用車の危険運転を確認した際に直接注意を促したり、レンタカー利用者に返却時間を連絡したり、事故の際に利用者に直接案内したりといった利用方法が考えられる。

 リアルタイムマルチビューでは、サーバーを介してドライブレコーダーに直接アクセスすることで、従来のストリーミング再生型ドライブレコーダーと比較して、タイムラグのほぼないライブ映像の確認が可能で、専用アプリと本体の無線LAN機能によってスマートフォン/タブレット端末からの閲覧にも対応する。

 そのほか、衝撃や急加速・急減速などを感知すると、その数秒前からの動画ファイルを自動でクラウドへアップロードする機能や、あらかじめ地図上に設定したエリアに「BlackVue」搭載車が出入りしたことをアラートで知らせる「アラート付きジオフェンシング」機能も備えており、管理者は複数台のドライバーの安全運転管理を少ない手間で実施できる。

 今後は、運転傾向の分析や日報の自動作成機能の搭載も予定している。