混雑状況のリアルタイム表示で「3密」を防ぐ、「Locarise TRAFFIC」新機能

新製品

2020/04/24 20:00

 ローカライズは、IoTを活用した新型コロナウイルス感染症に対応するソリューション「Locarise TRAFFIC」で「密閉」「密集」「密接」を防ぐ新機能「SIGNAL」の提供を4月20日に開始した。

店舗内の混雑状況を3色のカラーでリアルタイム表示

 SIGNALは、店舗出入り口に設置した来店分析カメラ「Xovis3Dセンサー」によって、来店客数をリアルタイムでカウントしながら、店舗内の混雑状況をモニタリングし、店舗内の混雑状況を緑・黄・赤の3色でパソコンやタブレット端末、サイネージなどに表示する。

 来店客数が規制したい人数に達した場合、アラートを表示することで、来店客に行動変化を促す。また、アラートは店舗運営者にも通知される。

 表示する言語は、日本語・英語・フランス語に対応しており、告知メッセージのカスタマイズもできる。
 
Xovis3Dセンサー

 Xovis3Dセンサーは、映像解析によって人の集まっている場所のヒートマップ表示、長時間同じ場所にいる(待たされている)顧客の表示色変更、顧客の動きを記録するゾーン指定などが可能で、PoEに対応しているためインターネット回線があれば簡単に設置・利用できる。また、プライバシーに配慮した画像データの即時破棄にも対応している。
 

オススメの記事