モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」をはじめ、LINEの各サービスの利用でポイントがたまる5月1日の「LINEポイントクラブ」開始に伴い、事前にチャージした残高から支払う「コード支払い」や「LINE Pay カード」など、LINE Payの既存の支払い方法で、支払時のLINEポイント還元は対象外となると分かった。

 LINEとLINE Payが4月20日に公開した「『LINEポイントクラブ』詳細についてのお知らせ」によると、5月1日に提供開始する「Visa LINE Payクレジットカード」と連携するLINE Payの新機能「チャージ&ペイ」利用時に限り、LINEポイントクラブの「マイランク」に応じて1~3%の還元を受けることができる。
 
「チャージ&ペイ」は、Visa LINE Payクレジットカードを登録し、
事前チャージ不要でLINE Pay加盟店でスマホ決済ができる新機能

 LINEポイントクラブは、過去6カ月間に獲得したLINEポイントの総量に応じて4段階でランクが変わる新メンバーシッププログラム。もともと最上位の「プラチナ」ランクは、Visa LINE PayクレジットカードのLINE Payアカウントへの登録が必須となっており、LINEポイントをより多くためたい場合、事実上、新しいVisa LINE Payクレジットカードの保有が条件だった。

 LINEポイントクラブ特典として、マイランクに応じた枚数だけもらえる、LINE Pay加盟店で使えるクーポンも用意する。今後、さらにLINEの各種サービスをお得に利用できるさまざまな特典を追加していく予定。Visa LINE Payクレジットカードは、一般向けに4月下旬から順次、申込受付を開始する。
 
LINE Payの人気加盟店70社以上から選べる「特典クーポン」