液晶テレビ「レグザ」に2チューナー搭載のシンプルモデル2機種、4月17日に発売

 東芝映像ソリューションは、液晶テレビ「レグザ」の新製品として、地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタルチューナー×2基を搭載し、別売のUSB接続外付けHDDへの裏番組録画が可能なハイビジョン液晶テレビ「S24シリーズ」2機種を4月17日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は、32V型の「32S24」が4万4000円前後、24V型の「24S24」が3万円前後の見込み。

S24シリーズ

 S24シリーズは、映像の残像を低減し、階調・質感・色彩表現に富んだ画質を実現する映像処理を行う「レグザエンジンファイン」を搭載した液晶テレビ

 地上デジタル信号の映像を部分ごとに映像解析することで、平坦部とテクスチャー部を判別し、画素ごとに適した処理を行うことによってノイズを目立たせることなく、高精細でくっきりした映像を再現する。

 シーンごとにヒストグラムを作成し、映像信号を補正する高画質化技術「質感リアライザー」を採用し、暗部の取得精度を重点的に上げて解析を行うことで、繊細な特性カーブを描くことで立体感のある映像を実現している。

 そのほか、録画番組を自動でチャプター分割する「マジックチャプター」を備えており、よく使うチャンネルボタンやカーソルボタンなどの色を変えることによって視認性を高めた「シンプルレグザリモコン」が付属する。さらに、ゲームに必要な高画質処理を行いつつ、画像処理を短縮する「瞬速ゲームモード」に対応し、遅延時間約18.33msを実現している。

 インターフェースは、HDMI入力(ARC対応)×2系統、ビデオ入力×1系統、光デジタル音声入力×1系統、100BASE-TX/10BASE-Tの有線LAN端子、USB(HDD接続用)×1基などを備える。

オススメの記事