東芝の4K液晶レグザが「AbemaTV」に対応 リモコンに専用ボタンも搭載

新製品

2019/05/27 18:00

 東芝映像ソリューションは、6月上旬に発売する4K液晶テレビ「4K液晶レグザ Z730X/RZ630X/M530Xシリーズ」に付属するリモコンのデザインを一新。インターネットテレビ局「AbemaTV」のアプリケーションをワンプッシュで起動可能な「AbemaTV」ボタンを搭載する。

スマートフォンを経由せずに「AbemaTV」が視聴に可能になった

 今回、新たに対応する「AbemaTV」のほか、新リモコンには「Netflix」「hulu」「U-NEXT」「YouTube」「dTV」の計6つの動画配信アプリの専用ボタンを搭載。テレビの電源がオンの状態なら、それぞれのアプリを直接起動して視聴できる。
 
4K液晶レグザに付属するリモコン(全体)

 4K液晶レグザのZ730Xシリーズは、新開発の高輝度全面直下LEDバックライトと新映像処理エンジン「レグザエンジンProfessional」、放送済みのテレビ番組を過去番組表からすぐに楽しめる「タイムシフトマシン」機能を搭載。また、新製品共通の特徴として、4Kチューナーを2基内蔵し、4K放送を視聴しながら別の4K放送の番組を別売の外付けUSB HDDに録画に録画できる。サイズは、65型、55型、49型、43型の4サイズで、43型の「43Z730X」のみ、6月下旬に発売予定。
 
4K液晶レグザ Z730Xシリーズ

 「AbemaTV」は、従来のテレビを観るような感覚で、オリジナルの生放送コンテンツやニュース、音楽、スポーツ、ドラマなど約20チャンネルが全て無料で見られるインターネットテレビ局。スマートフォンやPC、タブレットに加え、「Amazon Fire TVファミリー」や「AndroidTV」など主要なテレビデバイスにも対応している。

オススメの記事