東芝映像ソリューションは、4月16日、薄型テレビ「レグザ」シリーズの新製品として、4Kダブルチューナーを標準搭載する「Z730X」「RZ630X」「M530X」シリーズを発表した。6月上旬から順次発売する。

レグザ2019年夏モデルは“4Kダブルチューナー”と“タイムシフトマシン”で充実した録画機能を訴求

 ハイエンドの「Z730X」シリーズは、LEDの点滅を緻密に制御する新開発の高輝度全面直下LEDバックライトと新映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」を搭載。LEDを細かくエリアコントロールし、リアルな精細感や豊かな色を再現する。
 
ハイエンドの「Z730X」シリーズ
 
新映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」を搭載


 ソフトウェアではAIが高画質化に貢献。5層のニューラルネットワークで映像を深層学習させることで、エッジのぎらつきが目立つシーンを自動判別し、適切に超解像処理するほか、映像の種類と動きに応じて適切なフレームを超解像処理するバリアブル超解像処理や、従来の映像のHDR画質変換などで美しい描写をサポートする。

 サウンドは新開発13mmシルクドームツィーターとフルレンジスピーカーを配置した「大型バスレフ2ウェイスピーカー」をフロントに搭載。さらにダブルウーファーと4個のパッシブラジエーターからなる「重低音バズーカウーファー」で、総合出力80Wの重低音を再現する。
 
背面に備える重低音バズーカウーファー

 レグザの人気機能である見逃し番組の視聴ができる「タイムシフトマシン」にも対応。放送中の番組を冒頭から見られる「始めにジャンプ」、放送済みの番組をすぐに視聴できる「過去番組表」、関連番組を自動でピックアップする「ざんまいスマートアクセス」、新たにAIレコメンドシステムを搭載した番組おすすめ機能「みるコレ」などで、録画番組を快適に楽しむことができる。

 チューナーは4K×2基、地上/BS・110度CSデジタル放送×3基を内蔵。別売の外付けHDDと接続すれば、4K放送の視聴と同時に別の4K放送の録画や、地上/BS・110度CSデジタル放送の2番組の同時録画もできる。ラインアップは65V/55V/49V/43V型の4機種。リビングからパーソナル空間まで、幅広いニーズに対応する。

 2TBの外付けHDDを付属する「RZ630X」は、タイムマシンシフトマシンをすぐに楽しむことができるオールインワンシリーズ。「Z730X」シリーズと同じく4K×2基、地上/BS・110度CSデジタル放送×3基のチューナーを内蔵するなど、充実した録画機能を搭載する。
 
2TBの外付けHDDを付属する「RZ630X」シリーズ

 映像処理エンジンには新開発の「レグザエンジン Evolution-S」を採用。さまざまな映像処理でノイズを抑制する「BS/CS 4KビューティX」「地デジビューティX」、緻密にコントラストを制御する「HDRリアライザー」などの機能で高画質化をサポートする。
 
新開発の映像処理エンジン「レグザエンジン Evolution-S」

 サウンドには、バスレフ型フルレンジスピーカーによる「レグザパワーオーディオシステム」を採用。フラットで明瞭な音質と自然な音像定位を実現するレグザサウンドプロセスVIRも備える。ラインアップは50V/43V型の2機種。
 
レグザパワーオーディオシステム

 「M530X」シリーズは、スタンダードもモデルながら、上位シリーズと同様に4Kチューナーを2基内蔵。映像処理エンジンに「レグザエンジン Evolution-S」、サウンドに「レグザパワーオーディオシステム」を採用している。ラインアップは65V/55V/50V/43V型の4機種。
 
スタンダードの「M530X」シリーズにも4Kチューナーを2基内蔵

 価格はオープンで、税別実勢価格は65V型の「65Z730X」が35万円前後、55V型の「55Z730X」が25万円前後、49V型の「49Z730X」が19万円前後、43V型の「43Z730X」が17万円前後、50V型の「50RZ630X」が19万円前後、43V型の「43RZ630X」が17万円前後、65V型の「65M530X」が24万円前後、55V型の「55M530X」が18万円前後、50V型の「50M530X」が15万円前後、43V型の「43M530X」が13万円前後の見込み。