NTTドコモは3月18日、第5世代移動通信方式(5G)を活用した通信サービスの提供を3月25日に開始すると発表した。料金プランは割引込みで1GB/月1980円から。3月末時点での対応エリアは全国150カ所だが、6月末には東京五輪・パラリンピックの主要施設を中心に全都道府県に展開するという。

NTTドコモは3月25日から5Gサービスの提供を開始する

 NTTドコモが提供する5G専用の料金プランは、2通り。一つは「5Gギガホ」。毎月100GB以上のデータ通信をしても、送受信最大3Mbpsの通信速度で利用することができる。当面の間は、「データ量無制限キャンペーン」により、4Gエリアでも国内利用であればデータ量の上限を気にする必要はない。料金は7650円/月。みんなドコモ割やドコモ光セット割など、さまざまな割引を活用すると、最大6カ月間は4480円/月になる。
 
NTTドコモが提供する2通りの5G専用料金プラン

 もう一つは「5Gギガライト」。利用データに応じて段階的な料金設定になっている。1GB/月までが2980円、最大は7GB/月の5980円。データ通信量が7GBを超過すると送受信時最大128kbpsになる。

 このほか、1人で2台の機種を利用する場合に、ペア設定した「ドコモのギガプラン」のデータ量をシェアすることができる「5Gデータプラス」を月額1000円で提供する。
 
NTTドコモが提供する5G端末

 また、今回NTTドコモが用意した5G対応機種はスマートフォン7機種、モバイルWi-Fiルータ1機種。LTEエリアでも利用することができる。