ソフトバンクは、3月27日に開始する第5世代移動通信システム(5G)商用サービスに対応したスマートフォン(スマホ)4機種を同日に発売する。10万円以下の端末もラインアップ。5Gの特徴である高速・大容量・低遅延の通信を利用するには、欠かせないピースだ。

ソフトバンクの5G対応端末は4機種

 ラインアップと発売日は、フラグシップにあたるシャープ「AQUOS R5G」(販売価格12万9600円)が3月27日、ミドルレンジのZTE「ZTE Axon 10 Pro 5G」(8万9280円)が3月27日、LGエレクトロニクスは「LG V60 ThinQ 5G」が4月下旬以降、エントリーモデルのOPPO「OPPO Reno3 5G」が7月下旬以降。AQUOS R5GとZTE Axon 10 Pro 5Gは、3月6日から予約受付を開始する。

 なかでも、OPPO Reno3 5Gはソフトバンクのみの取り扱いになる。ソフトバンクによると、「5Gのスマホは10万円を超えると思われているが、エントリーモデルのReno3 5Gは驚くような価格になる」という。また、先着4万人にPicoのVRゴーグルをプレゼントする。

 それぞれの特徴は次の通り。AQUOS R5Gは、約6.5インチの「Pro IGZOディスプレイ」を搭載し、超高精細8K動画の撮影が可能。ZTE Axon 10 Pro 5Gは、最新のチップセットなどを搭載し、大容量コンテンツが快適に楽しめる。LG V60 ThinQ 5Gは、同梱されている専用ケースを装着し、2画面操作に対応。OPPO Reno3 5Gは、4つのカメラや約6.55インチの大画面有機ELディスプレイを搭載する。