気付いたときにサッと掃除できる手軽さが受けて、コードレススティックタイプの掃除機が人気だ。三菱電機から10月21日に発売となった「iNSTICK ZUBAQ(ズバキュー) HC-JD1J」は、ユーザーが掃除をしたいと思ったときに、サッと「ワンモーション」でストレスなく掃除ができるようにした。実機を使う機会が得られたので、操作感を実際に試してみた。

本体を手前に引くだけで掃除に取り掛かれる

取っ手の丸いフォルムが特長の三菱の
「iNSTICK ZUBAQ(ズバキュー) HC-JD1J」

 まずは、なんといっても目を引くのが、掃除機を感じさせないフォルムのデザインだ。ZUBAQの「Q」のアルファベットをあしらった、上部のきれいな曲線と2本の直線の間に円柱形の本体がすっぽりと格納されている。細部を見ても、ヘッド部の先端が内側に向けて充電台に格納されていて、全体的に統一感のあるデザインとなっている。

 スティック掃除機にとって、デザインは重要だ。部屋やインテリアと調和するデザインなら、掃除機を部屋に出しっぱなしにしておけるため、いつでも好きなときにサッと掃除に取り掛かることができるからだ。

 これがキャニスタータイプだと、大きすぎて置きっぱなしにするとスペースの問題があったり、収納場所から掃除機を取り出す場合、その動作そのものが億劫に感じてしまうだろう。

 さて、いくらデザインが良くても掃除機の取り回しが悪ければユーザーにストレスを与えてしまう。ZUBAQでは、ワンモーションで掃除に取り掛かれるため、そのストレスをまったく感じさせない。ラウンドデザインの操作部に手を添えて軽く手前に引くだけで、充電台から本体がスムーズに離れるのだ。女性にとっても楽な操作感だ。

 本体を引く動きに合わせて、ヘッド部も自然に充電台から離れる。運転ボタンを押せば掃除がスタートする。まさにストレスフリーで、手軽に掃除に移行できる。
 
 
手前に引くだけのワンモーションでストレスなく掃除に移行できる

 掃除が終わって充電台に戻す際も、ヘッド部の先端を充電台に向けてセットし、操作部を充電台に添える程度で格納される。

 気になる吸引力も、三菱のモーター技術を結集した、小型・軽量ながら最大12万5000回転/分の「JCモーター」を搭載しているため、問題ないだろう。吸引力と一緒に、ヘッド部の自走式パワーブラシがさまざまな床面にフィットしながらゴミをグングンとかき込む。ヘッドの自走効果で、かけ心地も非常に軽く感じる。
 
ヘッドのパワーブラシが回転するため、とても軽いかけ心地

 さらに、低いスペースのすき間掃除も、ヘッド部がフラット構造であるのと、ダストボックスやモーター部が上側に搭載されているので、高さ約6センチの狭いすき間にヘッド部を入れて掃除できる。ラックやベッド、家具の下など奥の方まで掃除できるのはうれしい。
 
高さ約6センチの狭いすき間も掃除できる

上に持ち上げるとハンディタイプに

 ワンモーション操作でユニークなのが、充電台から本体を持ち上げるとハンディタイプに早変わりする点だ。本体を持ち上げるときに自動で充電台から外れるため、パイプを外す手間がないし、重さもほとんど感じない。
 
本体を持ち上げるとハンディタイプに早変わり

 テーブルや机、棚の上などを掃除する際は、このハンディタイプの先端に用途に応じたアタッチメントを取り付ければいい。

 付属のアタッチメントは、アレルパンチふとんクリーンブラシやロングノズル(エアブロー機能対応)、毛ブラシ、ロングホース、サッシノズル、お手入れブラシ(充電台装着品)など、バリエーションが豊富なのもいい。
 
テーブルや棚の上は毛ブラシ、ソファーのすき間はロングホースなど、
ハンディタイプ用の豊富なアタッチメントが付属

 最後に、三菱のサイクロン掃除機「風神」に搭載されている独自の「エアブロー(掃き掃除)」が、ZUBAQでも使える。操作部の根元にある穴にロングノズルを差し込んで運転ボタンを押すと、吸込口から吸い込んだ空気がロングノズルからダストボックスのフィルターなどを通ってキレイな空気で排気される仕組みだ。サッシの溝や玄関、テラスの枯れ葉などのごみを掃くことができる。秋の枯れ葉掃除にも活躍する機能だ。
 
三菱の掃除機ならではのエアブロー(掃き掃除)もできる

 このように、すき間時間に気軽にサッと掃除ができるZUBAQは、共働きや子育て世帯、一人暮らしなど、掃除をするためのまとまった時間がとりにくい忙しいユーザーにぴったりの掃除機といえるだろう。