Olympic(オリンピック)グループは、スマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」に11月1日から対応する。ユアペティア、おうち DEPOなど、グループ子会社が運営する96店舗で、PayPayで支払いが可能になる。

首都圏でさまざまな業種を展開するOlympic

 Olympicグループの店舗では、今回のPayPayが初のスマホ決済導入となり、レジ担当者が提示するQRコードを専用アプリで読み取る「ユーザースキャン(スキャン支払い)」方式を採用する。

 対象店舗は、Olympicが運営するスーパー・ディスカウントストア、ユアペティアが運営するペットショップ、サイクルオリンピックが運営する自転車専門店、おうち DEPOが運営するホームセンター、シューズフォレストが運営する靴専門店、OSC ゴルフワールドが運営するゴルフ用品専門店。具体的な店舗名は、PayPayのサイト(https://paypay.ne.jp/notice/20191029/01/)で公開している。