三井住友カードは10月18日に、企業の課題解決を目的としたデータ分析支援サービス「Custella(カステラ)」の提供を開始した。

「Custella」の概要

 まずは、売上などのキャッシュレスデータに、統計化された顧客属性データ、購買実績データ、業界消費動向データなどを掛け合わせた分析データをウェブツールでいつでも閲覧できるサービス「Custella Insight(カステラ インサイト)」と、レポート提供サービス「Custella Analytics(カステラ アナリティクス)」を開始した。

 Custella Analyticsでは、取引先企業ごとの課題、ニーズに対して、キャッシュレスデータと企業が保有するデータや、天候データなどを組み合わせた分析、独自の切り口による詳細分析、考察レポートを提供する。
 
Custella Insight(左)とCustella Analyticsの概要

 このほか、Custella Insight、Custella Analyticsの分析結果を元に、最適なプロモーションターゲットのセグメントを抽出するとともに、三井住友カード会員向けのダイレクトメールサービスや加盟店送客プログラム「ココイコ!」といった連携サービスなどを提供するプロモーション支援サービス「Custella Promotion(カステラ プロモーション)」を用意する。詳細は後日発表予定。

 なお、Custellaで活用するキャッシュレスデータは、個人が特定できないよう統計化を行った顧客属性データ・購買実績データとなる。

 「カステラ」のネーミングは、「カスタマー(顧客)を照らす」「Customer Intelligence」を由来としており、従来のBIツールとは異なり、取引先企業の顧客を中心としたマーケティング、分析サービスの提供を目指していく。