大日本印刷(DNP)は8月29日に、コレクシアと共同で、価値観ごとの潜在意識分析とアンケートにもとづくカスタマージャーニーマップを自動生成し、顧客一人ひとりの購買行動を分析する独自の購買行動分析サービス「価値観CJM」の提供を開始する。

「価値観CJM」の提供イメージ

 「価値観CJM」は、生活者の購買意識や行動データ「価値観データベース」をもとに、定量的な手法で生活者の潜在意識を把握できる「価値観クラスター」、アンケート調査から生活者1人ひとりのリアルな行動プロセスをカスタマージャーニーマップ(CJM)として自動生成するコレクシアの「消費者行動図鑑」を組み合わせたサービス。メーカーや金融、小売業などの法人を対象に売り込み、2022年度までに累計で1億円の売上を目指す。

 具体的には、ネット上で生活者にアンケートを実施し、その回答をもとに1人ひとりの行動を想定したパーソナルCJMの自動生成して、潜在意識の傾向を表す価値観クラスターごとに集約・分析する。

 パーソナルCJMでは、データから想定されるベルソナごとにアンケート回答による定性的な情報を1枚のシート上に表示するとともに、企業の製品・サービスに対する顧客ロイヤリティを数値化し、感情解析手法を組み込んで点数化した「エモーショナルカスタマージャーニーマップ」と連動し、生活者の購買前後の課題を定量的に評価できる。

 定性情報では、価値観クラスターごとに関連づけられた製品・サービスのブランドに関する認知・理解状況や体験エピソード、代替品を利用した場合の要因などを調査することによって、該当するブランドに対する人々の受け入れ方を明らかにする。
 
価値観クラスターの例

 提供価格は調査設計・モニター数などによる個別見積。さらに、今後は価値観クラスターを軸にしたターゲット顧客のペルソナ開発やインサイト分析のメニューを拡充し、一貫したマーケティング支援サービスを提供する。