ドンキ、2万円以下の格安4Kビデオカメラ スタビライザーやバッテリ3個付き!

 ドン・キホーテ(ドンキ)は、全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)で、PBの「情熱価格プラス」初の4K撮影可能なデジタルビデオカメラ「4KビデオカメラDV-AC3-BK」を9月27日から順次発売する。税別価格は、消費税増税後でも2万円を切る1万7800円とした。

ドンキが「情熱価格プラス」から9月27日に発売する4KビデオカメラDV-AC3-BK

 SONY製のCMOSセンサーを搭載し、高感度撮影でもノイズを抑制する。最大有効画素数は1300万画素。本体にWi-Fi機能を内蔵し、スマートフォンと直接接続して画像の転送・保存することができる。

 付属のスタビライザーを使用することで、撮影時の手ブレを低減。バッテリが3個付属しているため、長時間の撮影にも対応する。バッテリ1個で撮影可能な時間の目安は、UHD(4K)画質で約2時間。本体と充電器で2個を同時に充電することができる。
 
スタビライザーを装着して手ブレを補正することができる

 解像度は、UHD(4K)、QHD、FHD、HD、VGA。SDカードは256GBまで対応する。液晶画面は3.1インチのタッチパネル式。バッテリを含む重さは、約420gとなっている。キャリーバックやリモコン、レンズカバー、HDMIケーブル、miniUSBケーブル、microUSBケーブル(充電器用)、バッテリ充電器、充電用ACアダプター、取り扱い説明書、保証書、先述のスタビライザーとバッテリ3個を付属している。

オススメの記事