カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”ブランドから「MT-G」シリーズの新製品「MTG-B1000XBD/B1000XB」を10月5日に発売する。発売20周年の新たな挑戦として、同シリーズで初めてカーボン積層ベゼルを採用。軽量でありながら、強くて美しいボディを実現した。

「MT-G」シリーズ20周年目の新たな挑戦として初めてカーボン積層ベゼルを採用した
「MTG-B1000XBD/B1000XB」

 新たに採用したカーボンは、樹脂並みの軽さでありながら、メタルと同等以上の高い剛性を持つことが特長で、その分、切削をはじめとした加工が難しい素材。採用に当たって、積層立体成形技術と切削技術を向上させ、複雑に構成されたベゼルパーツに用いることができるようになった。
 
「MTG-B1000XBD(レッド)」(左)と「MTG-B1000XB(ブルー)」(右)の
2ラインアップ

 ベゼルは、カーボン織材とカラーファイバーの織材のそれぞれに樹脂を組み合わせた2種類のシートを幾層にも重ねて立体成形している。MTG-B1000XBDにレッド、MTG-B1000XBにホワイトのカラーファイバー織材の層をアクセントとして取り入れ、模様を施した。
 
積層部を横から見ると色つきのカーボンと黒のコンビネーションデザインが楽しめる

 MTG-B1000XBDには、メタルパーツの裏側に高い耐久性を誇るファインレジンを重ねて軽量化を果たしたレイヤーコンポジットバンドを採用。MTG-B1000XBには、柔らかくフィット感の高いソフトウレタンバンドを採用した。バンドとケースの結合部には、ファインレジンとメタルパーツを組み合わせて強度も備えている。

 スマートフォンリンク機能や電波ソーラーといった高い機能性と、腕になじむミドルサイズを両立した「MTG-B1000」がベースになっている。税別の実勢価格は、MTG-B1000XBD(レッド)が13万5000円、MTG-B1000XB(ブルー)が12万円の見込み。