エレコムは8月下旬に、メッシュWi-Fiを手軽に導入できるe-Meshルーター「WMC-M1267GST2-W」とe-Mesh専用中継器「WMC-S1267GS2-W」のセット「e-Meshスターターキット WMC-DLGST2-W」を発売する。税別価格は1万7740円。ルーターと中継器は、それぞれ単体でも発売する。

e-Meshスターターキット

 「e-Mesh」は、エレコムとチップメーカーが共同開発した独自のメッシュ技術で、難しい設定なしに安定した無線LAN環境を実現するメッシュWi-Fi環境を自動構築できる新シリーズ。電源を入れるだけでつながるe-Meshスターターキットにe-Mesh専用中継器を追加すれば、メッシュルーターと専用中継器が半自動的に相互補完するので、より広範囲をカバー可能なメッシュネットワークを構築できる。

 ルーター・中継器とも、回線が混雑しにくいIPv6 IPoEインターネット接続に対応。IEEE802.11a/b/g/n/acに対応し、無線LANでの通信速度は5GHz帯が最大867Mbps、2.4GHz帯が最大400Mbps(どちらも規格値)。本体には5GHz帯・2.4GHz帯で独立した内蔵アンテナ、5GHz帯と2.4GHz帯の同時通信時に発生する処理待ち時間を解消するデュアルコアCPUを搭載する。
 
e-Meshルーター「WMC-M1267GST2-W」(左)とe-Mesh専用中継器「WMC-S1267GS2-W」

 ルーターは、このほか、買い換えの際に無線LAN設定情報をコピーする「らくらく引っ越し機能」、より快適な帯域を自動で選択して接続設定を行う「バンドステアリング機能」、ネットの使いすぎを防止する「こどもネットタイマー3(タイマー&スケジュール機能)」、ゲストSSID機能など、充実した機能を搭載。また、グループ会社であるDXアンテナのノウハウを活かしたハイパワー内蔵アンテナによって、高い通信性能を保ちつつ、すっきりした見た目を実現した。

 単体の税別価格は、e-Meshルーター「WMC-M1267GST2-W」が1万260円、e-Mesh専用中継器「WMC-S1267GS2-W」が9620円。