ベンキュージャパンは8月8日に、「AQCOLORディスプレイ」シリーズの新製品として、ハードウェアキャリブレーションに対応した27インチの写真・映像編集向け液晶ディスプレイ「SW270C」を発売する。価格はオープンで、税込の実勢価格は10万円前後の見込み。

SW270C

 解像度2560×1440、アスペクト比16:9の27インチIPS液晶パネルを搭載し、Adobe RGBを99%、sRGB/Rec.709を100%カバーするとともに、DCI-P3/Display P3色域を97%カバーするなど、複数の色空間のカラー標準に対応しているので、写真編集や印刷物、映像編集に求められる色を正確に表現できる。

 16ビットLUT(ルックアップテーブル)の採用によって、RGBのカラーブレンド精度を向上し、厳密な色再現を実現した。ハードウェアキャリブレーションにも対応しており、製造時には工場で本体1台1台にキャリブレーションを施し、色差とガンマの精密性を確保した。

 そのほか、ビデオコンテンツのHDR効果をプレビューできるHDR 10テクノロジー、異なる色空間の映像を左右に並べて同時に表示可能な「GamutDuo(ガンマデュオ)」といった機能を備えており、標準で取り外し可能な遮光フードが付属する。

 Thunderbolt 3対応USB Type-Cポートを搭載し、ノートPCからディスプレイに給電可能。このほかのインターフェースは、HDMI 2.0×2基、DisplayPort 1.4×1基、USB 3.0×3基(ダウンストリーム×2基、アップストリーム×1基)、SDカードスロット、ヘッドホンジャック。カラーはダークグレイ。保証期間は3年。