ベンキュージャパンは6月19日、目への負担を抑える「アイケア」技術を搭載した、23.8型FHD液晶ディスプレイ「GW2480T」の販売を6月21日に開始すると発表した。税別価格は2万円の見込み。子どもの目や健康に配慮した設計になっている。

子どもの目や健康に配慮した23.8型FHD液晶ディスプレイ「GW2480T」

 オンライン学習や動画配信サービスの普及で、子どもがタブレット端末やスマートフォンを利用する機会が増えた。携帯できるデバイスは持ち運びに優れる反面、画面が小さく、姿勢や目への影響を懸念されている。これらの悩みを解決するため、ベンキューはGW2480Tを発売した。

 GW2480Tはアイケア技術として、周囲の明かりに合わせて画面を最適な明るさに保つ「ブライトネスインテリジェンス(B.I.)」、「ブルーライト軽減」、画面のちらつきを抑えて目へのストレスを低減する「フリッカーフリー」の三つを搭載している。
 
スタンドで高さや角度を調整することができる

 画面は、視野角の広いIPSパネルで光の反射を抑えるノングレア仕上げ。狭額縁にすることで没入感を増している。スタンドは、高さや角度の細かい調整が可能で、常に正しい姿勢で使用することができる。