ベンキュージャパンは、目の健康に配慮した21.5型フルHD液晶ディスプレイ「GW2280」を12月12日に発売した。価格はオープンで、税込実勢価格は1万5000円前後。

GW2280

 「GW2270HM」の後継機種。アスペクト比16:9、解像度1920×1080、ハイコントラスト比3000:1のVAパネルを採用。視野角も上下左右178°と広い。また、周囲の照明に合わせてディスプレイの輝度とコントラスト比を自動調整するBenQ独自のアイケア技術「ブライトネスインテリジェンス(B.I.)」、ちらつきを抑えるフリッカーフリー技術、4段階で調整可能な「ブルーライト軽減」技術を搭載し、長時間の使用でも負担を少なくした。
 
さまざまなHDMI搭載機器を接続できる

 HDMI2系統とアナログD-sub端子に加え、本体には1W×2のステレオスピーカー、ヘッドホン出力端子を搭載し、仕事からプライベートまで、さまざまな用途で利用できる。インテリアにマッチしやすいウルトラスリムベゼルで、スタンド背面にすっきりと設置できるケーブル収納を設けた。カラーはブラック。保証期間は3年間。