NTTドコモとウォルト・ディズニー・ジャパンは、「Disney Mobile on docomo」の提供を2021年8月22日で終了する。また、サポートとコンテンツの提供は継続するものの、「Disney Mobile on docomo」のスマートフォン(スマホ)の販売は今年8月31日をもって終了する。

2018年1月発売の「Disney Mobile on docomo」の最終モデル
「Disney Mobile on docomo DM-01K」

 Disney Mobile on docomoは、ドコモが立ち上げたスマホの新ブランド。デザインからコンテンツまで、ディズニーの魅力を詰め込んだスマホとして12年の販売開始から長きにわたって人気を集めたが、「好きな機種でディズニーのコンテンツを楽しみたい」というニーズを受け、両社で検討した結果、終了することにした。
 
背面にミッキーアイコンをあしらった「Disney Mobile on docomo F-03F」
 
2012年のサービス発表時の様子

 ドコモとディズニーは、3月26日から、動画配信を中心に4種類のディズニーアプリを利用できるディズニー公式エンターテインメントサービス「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」を提供しており、通信会社を問わず、初回31日間無料、以降は月額700円と、端末とコンテンツサービスがセットとなったDisney Mobile on docomoよりリーズナブル価格設定となっている。
 
「Disney DELUXE」は、「Disney THEATER」「Disney DX」「STAR WARS DX」「MARVEL DX」の
4つのアプリで構成。月額700円で動画見放題、コンテンツ使い放題となる

 移行を促すため、3月7日~9月30日のいずれかの期間にDisney Mobile on docomoを利用し、条件を全て満たした場合に、ミッキーマウスをあしらったオリジナルデザインのdポイントカードをプレゼントする「Disney Mobile on docomoユーザー限定『Disney DELUXE』入会キャンペーン」を実施する。
 
「Disney Mobile on docomo」オリジナルデザインdポイントカード


 Disney DELUXEは、利用に当たって無料の「ディズニーアカウント」の登録が必要。「Disney THEATER」では、国内で初めて「ディズニー」「ピクサー」「スター・ウォーズ」「マーベル」の4ブランドの映像コンテンツがストリーミングで視聴できる。定額制動画配信サービス初登場となる「アナと雪の女王」「リメンバー・ミー」といった新作・話題作はもちろん、旧作映画やテレビ番組まで取り揃える。

 また、マルチデバイスに対応しており、スマホに加え、テレビやPC、タブレット端末でも視聴可能。映像デバイスの対応機種は、Android TV搭載のスマートテレビ、Fire OS 5以降を搭載したAmazon FireTV/Amazon FireTV Stick、tvOS11以降を搭載したApple TV、Chromecast。
 
Disney DELUXE会員になると、「Disney DX」が使い放題。
会員特典も満載だ

 さらに、Disney DELUXE会員は、「Disney DX」にログインすると、多彩なディズニーコンテンツが楽しめる。最新劇場公開映画と連動した着せ替えやスタンプ、会員しか買えない限定グッズ、イベントや展示会の割引優待など会員限定イベント特典なども用意する。