JVCケンウッドは6月中旬に、「ケンウッド」ブランドから、前方・後方の映像を解像度1920×1080のフルハイビジョンで同時に録画可能な、ナビ連携型前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MN940」を発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は4万9800円前後の見込み。

DRV-MN940

 同社の“彩速ナビ”のHD対応モデルである「TYPE M」シリーズの「MDV-M906HDL」「MDV-M906HDW」「MDV-M906HD」と連携できる専用モデル。

 録画中の映像や録画済みの再生映像を「TYPE M」シリーズのナビ画面にハイビジョンで表示できるほか、リアカメラからの映像のハイビジョン表示が可能なので、ルームミラーでの後方確認が難しい場合などに、ナビ画面にリアビュー映像を表示するバーチャルルームミラーや、リアビューカメラの代用、リアビューカメラ搭載車のサブカメラとして使える。
 
カーナビとの連携による前後同時録画イメージ

 ナビ画面で前後のドライブレコーダーで録画した映像を切り替えて再生する「シンクロ再生」や、再生中の走行画面の位置をPIP(ピクチャーインピクチャー)で表示する機能、再生映像の拡大表示、地図との2画面表示にも対応している。

 ドライブレコーダーとしては、水平角約124°、垂直約68°でF2.0の広角レンズ、約207万画素の高感度CMOSセンサーを搭載し、フロント用/リア用カメラによる常時録画・イベント記録・手動録画・駐車録画・静止画記録が可能。また、フロント・リアカメラとメインユニットを別体構造とすることで、カメラを取り付けるフロント/リアガラスにおける視界を大きく確保した。

 ほかにも、映り込みを低減する偏光フィルター、逆光などの明暗差の大きなシーンでも明瞭な映像記録を可能にする「HDR機能」などを搭載する。対応メディアは16GB~128GBのmicroSDXC/microSDカードで、Class10対応メディアが必須。記録用に、16GBのmicroSDHCカードが付属する。