キングジムは5月31日、家電の赤外線リモコン情報を学習し、Bluetoothで接続したスマートフォンのアプリからまとめて操作できるスマートリモコン「エッグ」を発売した。税別価格は9800円。

スマートリモコン「エッグ」

 「エッグ」は、シンガポールのAICO Technologiesが開発した製品を日本向けに改良したもので、2019年2月18日から実施したクラウドファンディングで、目標金額の約6倍の支援を集めた実績をもつ。

 操作可能な家電は、赤外線リモコンで操作するテレビやエアコン、照明など。無料の専用アプリ「AICO」にプリセットの登録がない家電でも、アプリに表示される手順に従って簡単に登録できる。

 帰宅時に照明と同じタイミングでテレビやエアコンの電源をオンにするなど、一連の動作をまとめて設定可能で、時間を指定して家電を操作できるタイマー機能も搭載する。さらに、IFTTTアプリと連携すれば、「Amazon Echo」や「Google Home」などのスマートスピーカー経由で、声で家電を操作することができる。

 電源は単3形アルカリ乾電池2本。専用アプリの対応OSはiOS 10以降、Android 6.0以降。サイズは直径55×高さ76mm、重さは約38g。カラーはホワイト。