タイガー魔法瓶は、修理などに必要な補修用性能部品(アフター部品)の保有期間を国内と海外を含む全商品を対象に10年間に延長する。サービスの開始は5月30日から。

対象製品と今後の保有期間

 補修用性能部品とは、製品の機能を維持するために必要な部品のこと。経済産業省では、その製品の生産が打ち切られた後の保有期間を、製品カテゴリー別に定めている。タイガーの場合、5~6年が多いが、顧客満足度の向上と自社製品を長く使ってもらうために10年間に延長した。

 部品の保有期間が延長したことで、修理サービスも10年間対応することが可能になる。

 対象製品は09年1月1日以降に生産された、炊飯ジャーや電子ジャー、スープジャー、電気ポット、ミキサーなど、全てのタイガー製品となる。一部、他社からライセンスを受けているキャラクター製品や部品などは10年間保有しないほか、本体や保護枠など補修用性能部品として設定のない部品もある。