シャープは5月28日、「プラズマクラスター」史上最高峰の脱臭性能を誇る「プラズマクラスター除菌脱臭機(DY-S01)」を6月13日に発売すると発表した。室内に漂う部屋干しのニオイやソファに付着したペットのニオイや菌の脱臭・除菌に特化した専用機として活躍する。価格はオープンで、税別の実勢価格は4万5000円前後。

「プラズマクラスター」史上最高峰の脱臭性能を誇る
「プラズマクラスター除菌脱臭機(DY-S01)」

 発表会に登壇したIoT HE事業本部 空調・PCI事業部の大西竜太事業部長は、「高気密住宅の普及拡大や共働き・単身世帯の増加で、窓を開けた換気が難しいライフスタイルが増えてきたので、室内の『ニオイ』はこもりがちになってしまっている。機械的に換気する必要があると考え、脱臭性能にこだわった新製品を開発した」と開発背景を述べた。
 
シャープ IoT HE事業本部 空調・PCI事業部の大西竜太事業部長

 DY-S01は、脱臭性能を追求するため、イオン濃度を約5万個/cm3以上まで高めた「プラズマクラスターNEXT」と、吸着したニオイを高効率分解し10年後でも脱臭性能を約94%持続させる「光触媒脱臭フィルター」を新たに搭載。タバコ臭や料理臭など「8大生活臭」の脱臭スピードが、「プラズマクラスター25000」の1.5倍以上に進化している。
 
8大生活臭

 360度のどの方向からもニオイを吸い込める円筒形のデザインを採用。片手でも持ち運びやすいよう取っ手を備えるほか、約3.9kgと軽量化を図った。ニオイや菌が気になる場所へ手軽に持ち運ぶことができる。
 
360度からニオイを吸い込むことができる

 また、手入れはプレフィルターにたまったほこりを定期的に掃除するだけ。脱臭適用面積の目安が15畳まで、プラズマクラスター適用面積の目安が約8畳。サイズは径233×高さ570mm。色はホワイトを用意した。