ソフトバンクは、オフィスや病院、工場、学校、ホテルなどで菓子や飲料、パン、日用品などをキャッシュレスで購入できる無人販売サービス「スマートマルシェ」の提供を5月22日に開始した。設置費や運用費が不要。無料で導入できる。


 スマートマルシェは、オフィスなどに専用の棚や冷蔵庫、セルフレジ用のタブレット端末や決済端末を設置することで、手軽に商品を購入できるサービス。支払いは、交通系電子マネーやスマートフォン決済サービス「PayPay」に対応している。現金で支払う従来の無人販売サービスと異なり、100円や150円などの釣銭が不要な価格帯に縛られずに商品を取り扱うことができる。

 各設置場所の売上データは、セルフレジ用タブレット端末を経由してリアルタイムでクラウド上に集積。そのデータを基に、ソフトバンクが商品を発注するため、適切なタイミングで商品が補充される。また、商品のラインアップは各設置場所のデータを基に見直され、最適化される仕組みにもなっている。

 設置条件は、社員などの関係者のみが立ち入ることのできる場所、電源が確保できる場所、1フロアで100人以上の利用者が想定される場所。東京23区が対応エリアとなっている。