モバイルバッテリのシェアリングサービス「ChargeMe(チャージミー)」を開発運営するオーロラは5月15日、東京ガスで電力とガスを契約しているユーザーを対象に、ChargeMeの利用回数が無制限となる無料使い放題サービスが利用できるキャンペーンを開始すると発表した。先着100人で、期間は15日からで、終了日が未定となっている。

モバイルバッテリのシェアリングサービス「ChargeMe」

 キャンペーンでは、ChargeMeのTwitterアカウントをフォローし、電力/ガス契約の顧客IDと住所が分かる検針票などのエビデンスと、ChargeMeに登録しているメールアドレスを、指定のメールアドレスに送信する。

 ChargeMeでは、時間が経過するにつれて料金が加算される時間従量課金体系に加え、新たに年間無制限利用可能な使い放題サービスを開始した。使い放題サービスの対象となるのは、ChargeMeのダイヤモンド会員。

 今回のキャンペーンは、ダイヤモンド会員の一般販売に先立ち、東京ガスの契約者で先着100人を優遇して無料でダイヤモンド会員に昇格できるという内容だ。

 ダイヤモンド会員は、決済手段の登録を必要とせず、72時間以内に返却すれば何回でも利用できる回数無制限の最上級会員プログラムで、外出時に料金を気にすることなくモバイルバッテリを使うことができる。

 ChargeMeは、中国で人気の火鍋店「海底撈」や都内の「スマホ修理工房・iPhone修理工房」、松坂屋上野店、多慶屋セレクト上野店などで展開。30分100円から24時間500円、最大72時間以降が2000円で、インバウンド向けなどにモバイルバッテリをレンタルしている。