LGエレクトロニクス(LG)は、4月16日、4K対応液晶テレビの新製品として、5シリーズ10機種を発表した。4月25日に発売する。

LGの4K液晶テレビの2019年モデルは5シリーズ10機種をラインアップ

 今回から全モデルに新4K衛星放送を楽しめる4Kチューナーを内蔵。さらに、AIによるサポート領域を画質・音質にまで拡大した次世代の有機EL専用エンジン「α9 Gen2 Intelligent Professor」、広視野角で高い色彩表現を誇るIPS 4Kパネル、GoogleアシスタントとAmazon Alexaのビルトインも全モデル共通で搭載する。
 
各シリーズのデザイン
(右から「SM9000P」「SM8600P」「SM8100P」「UM7500P」「UM7100P」シリーズ)

 独自開発した「LG NanoCell TV AI ThinQ」も新モデルの特徴。色ノイズの原因となる過剰な光波長を吸収してコントラストを強化する「NanoColor」、直下型LEDバックライトを細かく制御する「NanoBlack」、10bitパネルを採用して自然な色合いを忠実に描写する「NanoAccuracy」、4.8mmの極細ベゼルを採用した「NanoBezel」の四つの技術で映像を高品質化する。
 
独自開発した「LG NanoCell TV AI ThinQ」の特徴

 価格はオープンで、税別実勢価格は65V型の「65SM9000PJB」が30万円前後、55V型の「55SM9000PJB」が22万円前後、75V型の「75SM8600PJB」が43万円前後、65V型の「65SM8100PJB」が23万円前後、55V型の「55SM8100PJB」が18万円前後、49V型の「49SM8100PJB」が15万円前後、65V型の「65UM7500PJA」が21万円前後、55V型の「55UM7500PJA」が16万円前後、43V型の「43UM7500PJA」が11万円前後、49V型の「49UM7100PJA」が13万円前後の見込み。