KDDIは、auユーザーを対象にしたバーコードやQRコードを使ったスマートフォン(スマホ)決済サービス「au PAY」の提供を4月9日に開始する。au PAYは「au WALLET アプリ」で操作し、「au WALLET 残高」で支払える。au WALLET 残高へのチャージは、既にたまってる「au WALLET ポイント」や通信料金合算支払いの「au かんたん決済」、KDDIグループのネットバンクであるじぶん銀行の口座、クレジットカード、au ショップやコンビニエンスストア(コンビニ)のローソンでの現金チャージなどが可能。現時点ではauユーザーに限られたサービスだが、今後はauユーザー以外にも使えるようにしていくという。また、「脱、埋蔵ポイント」を掲げて、既にauユーザーがためているau WALLET ポイントの積極的な活用を促していく。

4月9日にスタートする「au PAY」

 au PAYが利用できる対象店舗は、4月4日時点で53社でスタート。コンビニやドラッグストア、飲食店のほか、家電量販店でエディオン、上新電機、ケーズデンキ、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ベイシア電器、ヤマダ電機、ベスト電器、マツヤデンキ、ツクモ、キタムラ、ゲオなどに対応。対応店舗は順次拡大していく。
 

 ほかにも楽天ペイやメルペイ、食べログとも連携していき、スマホ決済100万カ所を早々に実現していく。4月下旬には、資金が不足しているときにスマホで1万円から借り入れができる「au WALLET スマートローン」も開始。さらに19年夏以降、全国に約2.5万台あるセブン銀行のATMでも現金チャージができるようにする。

 KDDIは、今年2月にスマホを軸にした決済や金融などのサービスを総合的に提供する「スマートマネー構想」を始動。4月1日付で金融持株会社「auフィナンシャルホールディングス株式会社」に商号を変更した。決済や金融に絡むグループ各社のサービスをauブランドに統合する構想を掲げる。

 au WALLET ポイントの利用をスマホ決済を軸に拡大していく今回のau PAYは、スマートマネー構想の中枢となる仕組みになりそうだ。