日本最大のカメラと写真・映像の見本市「CP+2019」が2月28日、パシフィコ横浜と大さん橋ホールで開幕した。3月3日までの4日間開催される。今年は、5月にドイツ・ケルンで開かれる予定だった「フォトキナ」が急きょ中止になったこともあり、CP+開催にターゲットを絞った新製品発表が目白押し。フルサイズのミラーレス一眼市場など、新たなカメラの動きにも注目が集まっているだけに、主催するカメラ映像機器工業会(CIPA)では、過去最高の7万人の来場者を見込む。

オープニングから長蛇の列。続々とCP+2019会場に流れ込む来場者。
10回目の今回は過去最高の来場者数7万人を見込む

 オープニングセレモニーで、ニコンの代表取締役兼社長執行役員でCIPAの牛田一雄代表理事会長は、「スマートフォンの普及でコミュニケーションの手段として写真を楽しむことは世界中に普及した。そのカメラ機能の基礎技術はカメラ産業が培ってきたものだ。今回で10回目を数えるCP+が、スマートフォンで写真の魅力に目覚めた方々が、一層すばらしい映像の世界へ踏み出していけるきっかけになってほしい」と話した。
 
スマートフォンから一層素晴らしい映像の世界へ踏み出すきっかけになってほしいと話す、
ニコンの代表取締役兼社長執行役員でCIPAの牛田一雄代表理事会長


 今回の目玉はフルサイズミラーレス一眼。昨年、キヤノンやニコン、パナソニックが相次いで参入に名乗りを上げ、今年に入って3社の新製品が出そろった。実機を触って確かめようと、関連ブースは多くの来場客を集めていた。特にキヤノンは、新しいミラーレス一眼のフォーマット「EOS R システム」を前面に押し出して展示。フルサイズミラーレス一眼市場でトップシェアのソニーを追い上げる意気込みを示した。
 
EOS Rシステムを前面に押し出して、
ミラーレスへの完全シフトを宣言したかに見えるキヤノンブース

 レンズ一体型のカメラにも大きな動きがある。昨年のCP+で復活をほのめかしていたリコー。高級コンパクトデジカメGRシリーズの最新モデル「GRIII」を先週、3月に発売すると正式発表した。今年のCP+では大きなスペースを割いて実機を展示している。また昨年のフォトキナには出展していなかったカールツァイスもCP+には出展。フルサイズレンズ一体型カメラの新製品「ZX1」を参考出品している。価格・発売時期とも未定ながら、アドビの画像編集ソフト「Photoshop Lightroom CC」を本体で操作できるのが特徴。販売動向はまだまだ苦しい状況が続くが、レンズ交換型、レンズ一体型双方で新たな動きがでてきたカメラ市場。CP+は実機で新たなトレンドを確認できる絶好の機会だ。(BCN・道越一郎)
 
フォトキナには出展しなかったカールツァイスだが、CP+には登場。
話題の新製品「ZX1」を参考出品している