本業だけで余裕のある資産を蓄えるのがなかなか難しい時代、最近は投資や副業などのハードルが下がり、複数の収入手段をもつ人も増えてきた。とはいえ、本業が忙しくてそこまで手が回らない、という人も多いだろう。どうにかして楽に稼げる手段はないものか……そんなことを考えていた記者が発見したのが、2月7日にソフトバンクの子会社Agoopがリリースした「WalkCoin」。歩くだけで稼げるというコンセプトのアプリは本当にお得なのか試してみた。

歩いてゲットしたコインでプレゼントの抽選ができるアプリ「WalkCoin」を実践!

 WalkCoinは、歩く歩数に応じてコインがプレゼントされる仕組みのアプリで、貯まったコインで抽選を行い、プレゼントがゲットできる。コインは1日6000歩以上歩いて1枚、ウィークリーボーナスで1週間の累計歩数が1万歩なら1枚、2万歩なら2枚、3万歩なら3枚もらえる。つまり、最大で週に10枚のコインが獲得可能だ。このほか、アプリのインストールで10枚、友達を招待して25枚のコインをゲットできる。
 
歩く以外ではインストールで10枚、友達を招待して25枚のコインをゲットできる

 このアプリでユーザーがやることはただ一つ。「歩いて、コインをもらう」、これだけだ。一体、どれだけお得になるか、10日間にわたって実践してみた結果をお伝えしたい。

 この10日間でノルマの6000歩に達したか確認するために1日に1回はアプリを立ち上げたが、放置していても特に問題はない。1週間の歩数履歴や移動履歴が確認できる機能も備えているので、健康に気を遣っている人や自分の行動を振り返りたい人は重宝するかもしれない。
 
1週間の歩数履歴や移動履歴も確認できる

 6000歩なんて余裕、と思っていたが、記者は普段通りの生活だと意外と達成できない日も多かった。特に、土日は2000歩にも満たない日も……。歩数履歴ではカロリーの統計や平均歩数もチェックできる。ただ、記録は直近1週間のみしか閲覧できない。もしアップデートがあるなら、ぜひ月間の記録はログに残るようにしてほしいところだ。

 抽選で獲得できるプレゼントはタイミングによって変わるようで、現在は第一弾でAmazonギフト券となっている。数日前までは、50円から1万円のギフト券が当たる「歩数クジ」と、確定で50円か500円がもらえる「確定クジ」があったが、2月18日時点では確定クジは補充中とのことだ。
 
クジは2種類。確定クジはタイミングによっては開催していないこともあるようだ

 今日までで貯まったコインは「48枚」。歩数クジが4回引ける枚数だ。さっそくクジを引いてみると……
 

 ……「はずれ」。記者は勝手に最低でも50円は当たると思っていたが、確定クジではないのだから当然、はずれということもあるのだろう。がっかりはしたものの、気を取り戻して、再度クジを回す。

 ……が、結果は4回とも「はずれ」。スマホゲームのガチャであれば、提供割合をすぐにチェックするところだが、残念ながら「WalkCoin」は確率を提示していない。単に不運が続いたのか、相当辛い確率に設定されているのかは、さらにコインを貯めて、クジを引く以外にないだろう。

 結論としていえるのは、「得するかどうかは運次第。手間はないので、とりあえず入れておいて損はない」ということ。「おこづかいアプリ」というより「運だめしアプリ」くらいの感覚でいた方が、がっかりしないで済むかもしれない。もし始めるときの招待コードが必要であれば、記者のコードを自由に使ってもらって結構だ。
 

 ちなみに現在「WalkCoin」が対応するのはiOS 11以上を搭載するiPhoneのみ。Androidの提供は3月以降とのことだ。春先のうららかな陽気を散歩で楽しむ傍ら、プレゼントが当たれば儲けもの。読者諸君の幸運を祈る!(BCN・大蔵 大輔)