パナソニックは、回転ローラーで床を拭き掃除するロボット掃除機「Rollan(ローラン) MC-RM10」を1月20日に発売する。ローラーに専用のモップ、もしくはクイックルワイパーのウェットシートを巻きつけて使用する。ローラーは約5分半おきに約30度回転し、常にきれいな面で掃除できる。

パナソニックの床拭きロボット掃除機「Rollan」。
モップやシートは電動で巻きつけられる

 走行ルートは人が雑巾がけをする際のような「コ」の字型を採用。折り返して走行する際には、重ね拭きをしながら掃除する。赤外線センサーで障害物や壁面までの距離を測定し沿って動く他、落下も防止する。

 ウェットモードの際には、定期的に水を噴射してモップやシートを常に濡らしながら掃除する。空から満充電までの時間が約2.5時間、連続使用可能時間が約60分、最大稼働面積が20畳。重さが2.5kgで、サイズが高さ80×幅240×奥行き243mmとなっている。税別の実勢価格は、5万円前後の見込み。
 
ウェットモードでは定期的に水を吹き出す

 床拭き掃除ロボットといえばアイロボットの「ブラーバ」が先行しているが、回転ローラー式を採用したことで差異が生まれている。今後はブラーバとライバル関係になるのか、注目していきたい。