LINE Payは11月12日に、iOS/Androidに対応するアプリ版と、コミュニケーションアプリ「LINE」上から利用できる個人向け家計簿・資産管理サービス「LINE家計簿」の提供を開始した。利用は無料。

LINE家計簿

 「楽しくつづける。楽しくたまる。」をコンセプトに、銀行・クレジットカードなどの金融・ECサービス、各種ポイントサービスと連携し、使用履歴やポイント残高などを自動反映し、家計簿を作成する。「LINE Pay」に関しては、送金や支払い、チャージなどの利用履歴や残高確認を自動で取り込む。

 アプリ版では、レシートを撮影するだけで品目や金額を読み取って自動入力するため、手動入力よりも簡単に収支を記録できる。さらに、入力した収支をもとに「今日使えるお金」の上限を毎日、自動計算し、無駄遣いを防ぐ。

 ほかにも、毎月の収支をもとに、これから使える残りの金額を自動で計算し、月ごとの目標貯金額をアドバイスするなど、毎月の貯金のサポートや家計の管理に役立つさまざまな機能を搭載する。
 
カレンダーで収支を楽しく管理できる

 今後は、家族や恋人など「LINE」上の友だちといっしょに貯金や収支・資産が共有できるグループ機能も提供予定。なお、フル機能はアプリ版のみで、LINEの「ウォレット」タブからアクセスできるLINE版は一部機能に制限がある。