LINE Financialと日本初のテーマ投資型オンライン証券会社のFOLIOは10月18日、投資未経験者や初心者をターゲットに、「LINE」上から簡単に行えるモバイル投資サービス「LINEスマート投資」の提供を開始した。

簡単に「テーマ投資」ができる「LINEスマート投資」

 「LINE」の「LINEウォレット」タブからアクセスしてテーマを選ぶだけで、FOLIOを基盤とした少額分散投資ができる。テーマはそれぞれ10社で構成し、サービス開始の段階で、「VR」「ドローン」「ガールズトレンド」「コスプレ」「e-Sports」など、11カテゴリ・約70テーマを用意する。
 
投資未経験者や初心者向けに、わかりやすく迷わないユーザーインターフェースを採用

 テーマの売買で発生する手数料は、銘柄ごとに税別で売買代金の0.5%(最低手数料50円)と、単元未満株取引としては業界最低水準に抑えた。なお、入金には、「LINE」アカウントとの連携・口座開設が必要。
 
「LINEスマート投資」による投資の流れ

 今後は、簡単な質問に答えるだけで、低コストで最適な資産運用ができる「おまかせ投資」サービスの提供や、「LINE Pay」との連携によるスムーズな資金決済など、LINE FinancialとFOLIOのテクノロジーを用いた、未経験者や初心者がよりわかりやすく、資産づくりを始めやすい仕組みを目指す。