2019年4月に合併予定の日立コンシューマ・マーケティングと日立アプライアンスは、新規事業のスマートライフ事業の第一弾として、プライバシーに配慮した単身高齢者向け見守りサービス「ドシテル」を19年4月に開始する。

見守りサービス「ドシテル」

 従来から注力してきたプロダクト事業に続く第2の柱として、日立グループのIT・OT・プロダクトと、両社が有する商品・サービスを組み合わせたスマートライフ事業の創出に取り組んでおり、新サービスは、家族が単身高齢者に寄り添っている様子をイメージして「ドシテル」と命名した。

 単身高齢者の部屋の壁などに活動センサーを設置し、在室状況や活動量を検知してサーバーに蓄積。家族は、専用スマートフォンアプリで単身高齢者の様子をリアルタイムで確認できる。今後は、日立のコネクテッド家電との連携も検討する。
 
専用アプリ「現在の様子」の開発中の画面イメージ

 検知するデータは生活リズム・活動量・睡眠時間で、過去の履歴も簡単に確認可能。日立グループの情報解析技術によって不在や静止状態が一定時間継続した場合などには、家族に異変を知らせる機能も用意する。なお、プライバシーに配慮し、活動センサーは、映像を使わずに日常生活の状態を検知する方式を採用した。検知した情報を蓄積するサーバーは外部からの不正アクセス防止などの対策を実施し、厳密なセキュリティ管理を行う。
 
「異変の通知」の開発中の画面イメージ

 19年2月から地域や対象者を限定した先行サービスを実施。19年4月に、新サービスのホームページや協業する法人パートナーを通じて、全国でサービスを提供する予定。初期費用として活動センサー本体と据付費用が必要。毎月のサービス利用料金、初期費用は後日発表する。