ファーウェイ・ジャパンは、ハイエンドモデル並みのカメラ性能を備えたスマートフォン「HUAWEI Mate 20 lite」を、ビックカメラグループ限定モデルとして11月30日に発売する。税別価格は3万9800円。

ハイエンドモデル並みのカメラ性能を備えたスマートフォン「HUAWEI Mate 20 lite」

 アウトカメラに約2000万画素と200万画素のダブルレンズAIカメラ、インカメラにも約2400万画素と200万画素のダブルレンズAIカメラを搭載しており、設定を気にすることなく、クオリティの高い写真を撮影できる。AI機能は、フード、植物、猫など22種類の被写体やシーンを認識して適切な撮影方法に自動で設定するほか、地表や海の水平線を認識し構図をアシストする。
 
AI機能によって場面に応じた撮影方法に自動で設定

 また、ARレンズ機能を使えば、動物の耳などのアニメーションエフェクトや背景を変更した動画や画像の撮影が可能。「3D Qmoji」機能を使えば、表情を細かく認識し、ユーザーの表情と声を持った3Dキャラクターの絵文字を作成することができる。
 
「3D Qmoji」で自分の動きにあわせて動くキャラクターを作成できる

 画面はフルHD+で、約6.3インチの大画面フルビューディスプレイ。HUAWEI独自のサラウンド効果による迫力の音と組み合わせて、イヤホン使用時の体験を充実させた。
 
SoCは「HUAWEI Kirin 710」

 バッテリーは3750mAhと大容量。9V、2Aの急速充電に対応する。SoCは「HUAWEI Kirin 710」。メモリーは4GB、ストレージは64GB。指紋認証に加えて、顔認証にも対応する。カラーバリエーションは、サファイアブルーとブラックの2色を用意した。