フランスベッドは、同社初の睡眠IoT製品として、非装着型の睡眠センサー「RestOn スマートスリープトラッカー」と、連携する睡眠連動型ライト「Nox スマートスリープライト」を11月9日に発売した。価格はどちらもオープン。

国内で初めて取り扱う同社初の睡眠IoT製品

 「RestOn スマートスリープトラッカー」は、マットレスや布団などのシーツの下に設置して使用し、その上で眠ると、心拍数や呼吸数、睡眠時間、寝返り回数といった医療機器に相当する睡眠データが記録される。
 
RestOn スマートスリープトラッカー本体と、専用アプリのイメージ

 睡眠データは、専用スマートフォンアプリ「Sleepace」上で確認でき、最大2年分まで保存可能。さらに、アプリ上では、「睡眠スコア」や「解析コメント」などをチェックできる。
 
睡眠アドバイスの例

 「Nox スマートスリープライト」は、「RestOn スマートスリープトラッカー」と無線LANで接続し、光と音で健康的な睡眠習慣づくりをサポートする睡眠連動型ライト。
 
Nox スマートスリープライト

 就寝時には、赤い光とともにヒーリング音楽を再生し、眠りを誘うメラトニンの分泌を促す。また起床時には、あらかじめ設定した時刻の直前のもっとも浅い眠りの状態を検知し、メラトニンの分泌を抑制する朝日のような白色光を点灯すると同時に、鳥たちのさえずりなど、計7曲のソフトサウンドを再生する。