A-PAB(一般社団法人放送サービス高度化推進協会)は11月5日、4K8K衛星放送番組について記者会見を開き、女優の深田恭子さんをイメージキャラクターに起用した新テレビCMの発表と、12月1日10時にBS4K放送開始生特番の開始、また4K8K放送に関する市場調査結果を発表した。会場には、イメージキャラクターを務める深田恭子さんが登壇し、4K8K放送に対する期待を語った。

登壇した深田恭子さんは新CMで顔のアップが連続して映って
「いろいろと気が抜けない」と語る

 発表された新テレビCMでは「はじまりました篇」と題し、新4K8K衛星放送を「別世界」とPRしながら、深田恭子さんの姿や顔がアップで映る。新CMを見た深田恭子さんは、「今回のCMはどのように映るか気になっていた。今後、4Kが当たり前になると、映る者としては気が抜けない。泳ぐのが好きなので、サーフィンや水しぶき、スポーツ観戦など視聴者には、いろいろな楽しみ方をしてほしい」と新4K8K衛星放送について語る。
 
12月1日より放送される、民放4社合同企画番組。
日本からパリまで2日間に分けて1万6000kmを4K画像で映し出す

 次に、4K8K衛星放送が開始される12月1日10時に民放4局(BS朝日4K、BS-TBS4K、BSテレ東4K、BSフジ4K)による放送開始セレモニーの放送と、同4局共同企画として12月1日19時に東京からパリまでの旅路1万6000kmを旅する「大いなる鉄路 16,000km走破 東京→パリ行き」が開始されることを発表。放送開始セレモニーには、深田恭子さんも登壇する予定だ。

 また、A-PABは毎年定点観測を行っている4K8K放送市場の結果を発表。2018年9月の調査結果では、12月にBS・CS(110度CS)で4K8K放送が始まることを知っている人の割合が18.9%、調査開始時(16年9月)の3.4%から大幅に認知が広がっていること、4K放送を視聴するために4Kテレビに加えて対応チューナーも必要になることを知っている人も22.7%と、調査開始時の5.4%から約4倍になっているとのことだ。