放送サービス高度化推進協会(A-PAB)は10月16日に開幕した「CEATEC JAPAN2018」の会場で、12月1日に実用放送がスタートする新4K8K衛星放送の放送開始時刻を「午前10時」と発表した。女優で4K8K推進キャラクターの深田恭子さんが、ビデオメッセージで伝えた。9つの放送局と17のチャンネルで本放送がスタートする。

4K8K推進キャラクターの深田恭子さんのビデオメッセージで「午前10時から開始」と発表。

 午前10時に決定した経緯についてA-PABの福田俊男理事長は、「2000年のBSデジタル放送、03年の地上デジタル放送はいずれも12月1日の午前10時にスタートした」と明かした。
 
A-PABの福田俊男理事長

 既に各社から外付け4Kチューナーや4Kチューナー内蔵テレビ、4K8Kチューナー内蔵テレビ、4Kチューナー内蔵レコーダーなどが発売となっており、販売現場では4Kチューナーが内蔵されていない4K対応テレビと、4Kチューナー内蔵の4Kテレビが混在することで、消費者の混乱が予想される。

 混乱を避けるために電子情報技術産業協会(JEITA)では、「新4K8K衛星放送」の3つのロゴを作成。店頭や製品カタログに表記することなどの周知活動を、A-PABと連携しながら推進している。
 
新4K8K衛星放送の3つのロゴ

 JEITAの国内出荷統計では、19年8月末時点の4K対応テレビの累計出荷台数は490万台。18年1月~8月の前年同期比では30%増で推移しているという。18年1月~8月の4K対応テレビが占める4K化率も41.3%になっている。
 
カウントダウンを開始したA-PABのホームページ

 「まだまだ認知が十分ではない」と焦る福田理事長だが、一方で「20年の東京五輪で約半分の世帯が4K放送を楽しむというロードマップは変更しない」と強気の姿勢を崩さなかった。A-PABのホームページでカウントダウンを開始したり、家電量販店や電器店向けには100万枚のリーフレットを用意したりと、地道に周知活動を行っていく。認知向上には、放送事業者や業界団体、メーカー、販売店の連携が欠かせない。