アイ・オー・データ機器は10月16日、2018年12月1日からスタートする「新4K8K衛星放送」に向け、新4K衛星放送を視聴可能にする「4Kチューナーボックス REC-ON(HVT-4KBC)」を11月末に発売すると発表した。想定実売価格は、3万2800円の見込み。

アイ・オー・データ機器の「4Kチューナーボックス REC-ON(HVT-4KBC)」

 HVT-4KBCは、4K対応テレビや4K解像度に対応した液晶ディスプレイと接続することで、新4K放送の映像をそのままの画質で視聴・録画できる製品。チューナー搭載の“真”4Kテレビを購入した後も、裏番組の録画用チューナーとして使える。

 外付けHDDを接続すれば、新4K衛星放送を録画できる。「Gガイド番組表」を採用し、番組表からの録画予約に対応。自分が視聴するチャンネルだけを「マイ番組表機能」を搭載するほか、ジャンルやキーワードで番組を検索できる。同社の2.0TBのHDDに4K放送を33Mbpsで録画すると、約128時間の録画が可能だという。
 
番組表

4K対応テレビだけでは新4K衛星放送は見られない

 現在市販されている4Kテレビは、4K解像度の表示パネルを採用しているものの、新4Kの放送波を受信するチューナーは搭載していない。このため、インターネットの4Kコンテンツは表示できるが、外部チューナーがなければ12月に始まる4K放送を映せない。

 なお、18年10月中旬現在、東芝映像ソリューションがBS/CS 4Kチューナー内蔵の“真”4Kテレビを販売しているものの、購入後に別送してもらう「BS/CS 4K視聴チップ」を製品に装着し、今後配信予定のソフトウェアをダウンロードしなければ、4K放送を視聴できない。
 
BS/CS 4K内蔵 全面直下LED液晶レグザ「Z720X SERIES」

 また、HDMIケーブルも、4K対応の「Premium」HDMIケーブルを使用する必要がある。HVT-4KBCには、「Premium HDMI ケーブル」が付属するので安心だ。場合によっては、アンテナや分配器などの交換も必要になる。新4K衛星放送を視聴する場合には、テレビの視聴環境を見直す必要がありそうだ。