NTTドコモは10月17日、2018年-2019年冬春モデルとして、Google製の新スマートフォン「Pixel 3」、カードサイズの従来型携帯電話「カードケータイ」をはじめ、今年冬から来年春にかけて発売する新製品を発表した。

ドコモの2018年-2019年冬春モデル

 スマートフォンのラインアップは、「Galaxy Note9 SC-01L」、「Xperia XZ3 SD-01L」、「Galaxy Feel2 SC-02L」、「AQUOS sense2 SH-01L」、「らくらくスマートフォン me F-01L」、「Google Pixel 3」、「Google Pixel 3 XL」の7機種。発売日は「Galaxy Note9 SC-01L」は10月25日、「Google Pixel 3/3 XL」は11月1日。他の機種は11月上旬以降。なお、「Galaxy Feel2」と「AQUOS sense2」、「らくらくスマートフォン me」は、月々の利用料から毎月1500円割り引くサービス「docomo with」対応機種となる。

 このほか、電子ペーパーディスプレイを搭載し、世界最薄最軽量を実現した「カードケータイ KY-01L」、聞きやすさが向上した「AQUOS ケータイ SH-02L」、国内最速となる、受信時最大1288Mbpsに対応するモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」、ワンナンバーサービス対応製品の「ワンナンバーフォン ON 01」を10月下旬から順次発売する。

 ワンナンバーサービスは、月額500円で1つの電話番号を2台で共有できるサービス。ワンナンバーフォン対応端末は、スマホを親機に設定し、子機のように利用できる。