ノイズキャンセリング性能がさらに進化、ソニーの最上位ワイヤレスヘッドホン

新製品

2018/09/05 17:30

 ソニーは9月5日、ノイズキャンセリング(NC)機能搭載ワイヤレスヘッドホンの最上位シリーズ「1000X」の第3世代モデルとして、新開発のプロセッサーを搭載する「WH-1000XM3」を発表した。10月6月に発売する。税別価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

ノイズキャンセリング性能を向上させ、デザインを刷新した「WH-1000XM3」

 新開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」は前機種「WH-1000XM2」から処理性能が約4倍に向上。人の声や雑踏の音など、中音域のノイズをより抑制できるようになった。装着状態や大気圧からノイズの抑制具合を最適化する「NCオプティマイザー」や、二つのマイクで効率的にノイズを集音する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」なども引き続き搭載。業界最高クラスのNC性能を実現した。
 
人の声や雑踏の音など中音域のノイズの抑制がアップ

 新プロセッサーは高音質化にも貢献。32bitの高精細なオーディオ信号処理と内蔵DACとアンプによって、ワイヤレスながら解像度の高い音質を再生する。また、これまでNC用と集音用でまとめていたマイクを分割。L側ハウジングに新たにマイクを設け、ハンズフリー通話時の声をよりクリアにした。

 デザインを刷新し、装着性を高めていることも特徴だ。重量は前機種比で20g軽い255g。イヤーパッドに採用した低反発ウレタン素材の耳周りの設置面積を約20%増やし、側頭部の圧力を分散させた。イヤーカップ内部の空間をより広くとることで、耳の大きさに問わずフィットするようにした。
 
前機種「WH-1000XM2」より装着性を高めるデザインを採用(左:WH-1000XM3、右:WH-1000XM2)

 カラーは、プラチナシルバーとブラックの2色。シルバーでまとめていたコーポレートロゴのカラーはブロンズに変更した。フル充電時間は約3時間で、ワイヤレス再生の持続時間はNCオンで最大30時間、NCオフで最大38時間。対応する無線コーデックはaptX HD/aptX/LDAC/SBC/AAC。

オススメの記事