みずほ銀行とJR東日本は8月1日、iOS向けにカード発行不要の電子マネー「Mizuho Suica」の提供を開始した。「みずほ Wallet」アプリ上でバーチャルなカードを発行し、みずほ銀行の口座やApple Payから直接チャージ。全国のIC端末にiPhoneなどをかざして利用・決済する。

iPhoneだけでみずほ銀行の口座から直接Suicaにチャージできる

 これまでのSuicaは、ATMなどで引き出した現金を駅の券売機やコンビニでチャージするか、クレジットカードでチャージするのが主流だった。「Mizuho Suica」は、iPhoneとみずほ銀行の口座があれば、誰でも発行手数料・利用料・年会費無料で、いつでもどこでも口座から直接Suicaにチャージででき、買い物の支払いやIC乗車券として使うことができる。なお、Suicaアプリで提供している定期券やグリーン券、モバイル Suica 特急券には未対応。
 

 キャッシュレス決済の利便性を向上させることで、消費を促すほか、現金輸送などのコストやリスクを軽減する狙いもあるという。

 口座からのほか、Apple Pay に追加されたクレジットカードからチャージ、現金でのチャージも可能。対応機種はiPhone 7、iPhone 8、iPhone X、Apple Watch Series 2、Apple Watch Series 3など。なお、「みずほ Wallet」アプリは、旧みずほ銀行アプリをバージョンアップしたものとなる。