Googleは5月24日、オンライン決済サービス「Google Pay」の対応サービスに「Suica」と「WAON」を追加したと発表した。

Google PayがSuicaに対応! 日本全国の約4900駅と約48万店舗で利用可能に

 「Android Pay」と「Google Wallet」の二つの決済サービスが統合して誕生したGoogle Payは、登録したクレジットカードや電子マネーカード、ポイントカードをモバイルアプリで簡単に管理・決済できるサービス。日本では、2018年2月から提供している。

 電子マネーでは「楽天Pay」「nanaco」に対応していたが、今回新たに「Suica」と「WAON」を追加。Suicaがカバーする日本全国の約4900駅と約48万店舗、WAONがカバーする約39万か所で利用できるようになった。今夏以降、Kyash、JSCCS、JCBが発行するプリペイドカードやデビットカード、クレジットカードにも順次対応する予定だ。

 認知向上のために6月15~24日の期間限定で、「Google Pay“サイフクリーム”ショップ」を東京・新宿にオープン。Google Pay疑似体験に参加すると、財布と小銭をモチーフにしたオリジナルアイスクリームが無料でもらえる。さらに、その場でGoogle PayをダウンロードしたAndroidユーザーにはスペシャルトッピングもサービスする。