タイガー魔法瓶は、土鍋ごはんのおいしさを追求した高級モデルの5.5合炊き炊飯器「土鍋圧力IH炊飯ジャー〈炊きたて〉JPH-A101」を7月21日に発売する。カラーは、アーバンブラック、アーバンホワイトの2色。価格はオープンで、税別の実勢価格は12万円前後の見込み。

土鍋圧力IH炊飯ジャー〈炊きたて〉 JPH-A101

 大小2つの圧力ボールによる可変圧力機能でねばりを引き出してしっかり炊き上げる「可変W圧力炊き」に加え、内釜に、陶器の本場である三重県四日市市の伝統工芸品・四日市萬古焼きを使用した「プレミアム本土鍋」を採用。細かい特別な土を使い、1250度の高温で焼き上げることで、土鍋素地内部に空いた細かい多くの気泡が熱を内部にしっかり溜め込むとともに、土素材の遠赤効果によって、お米をムラなくふっくらと炊き上げる。
 
プレミアム本土鍋

 本体内部の底部には、かまどの土壁を模した「遠赤土かまど」を備えており、「遠赤土かまど」の表面に遠赤効果の高い遠赤釉薬を施すことで、土鍋の熱をしっかりと受けとめて蓄熱し、高火力で甘みと香りを引き出す。

 多彩な炊飯メニューのうち、「麦めし(押麦)メニュー」「麦めし(もち麦)メニュー」では、2種類の大麦に合わせた独自の炊飯プログラムによって、それぞれの大麦に適した吸水、ニオイを抑制して毎日続けられるおいしさを追求。新たに、白米に対して3割の大麦を加えたおかゆが炊ける「麦がゆメニュー」も搭載した。
 
麦がゆメニューのイメージ

 このほか、従来機種同様、炊きあがりのねばり加減を3段階で選べる「米(マイ)チューニング」、加熱時にすばやい蒸発によって不要な水分を取り除き、保温時には水分の膜でごはんをしっとり保温できる「つや艶内ふた」、フラットな背面・着脱しやすいマグネット式スチームキャップといった特徴を備える。