ファーウェイ・ジャパンは5月10日、同社初の13.9インチのタッチパネル対応クラムシェル型ノートPC「HUAWEI MateBook X Pro」を6月15日に、15.6インチのクラムシェル型ノートPC「HUAWEI MateBook D」を5月18日に発売すると発表した。

 同時にHarman/Kardonがサウンドチューニングを施したタブレット端末「HUAWEI MediaPad M」シリーズの新製品も発表。約10.8インチの「HUAWEI MediaPad M5 Pro」と、約8.4インチの「HUAWEI MediaPad M5」の2機種を5月18日に発売する。
 
壇上で握手するファーウェイ・ジャパン端末統括部
プロダクトソリューション統括部 楊勇(ヤン・ヨン)本部長とDolby Japanの大沢幸弘社長

 5月10日に開催した新製品発表会では、タッチ&トライコーナーで各製品はもちろん、「HUAWEI MateBook X Pro」「HUAWEI MateBook D」共通の特徴である「ドルビーアトモスサウンド・システム」による立体音響や、デジタルペン「HUAWEI M-Pen」の描き心地などをいち早く試すことができた。その模様を写真でお伝えしよう。

大迫力の画面サイズとサウンド性能
HUAWEI MateBook X Pro/MateBook D

待望のタッチパネルに対応した「MateBook X Pro」
 
「MateBook X Pro」は前面と背面それぞれに2つずつ、計4つのスピーカーを内蔵。頭上から響くような立体感のある「ドルビーアトモス」は、高画質の4K動画配信サービスで採用されている
(左:スピーカー部、右:「ドルビーアトモス」のサウンドイメージ)
 
2機種とも、打ちやすそうな日本語キーボードと大きなタッチパッドを備える。15.6インチの
「MateBook D」のミスティックシルバーは、人気の某シリーズを彷彿させるシンプルなデザインだ

ジャストサイズの高音質エンタメタブレット
HUAWEI MediaPad M5 Pro/M5

オーディオビジュアルアワード「VGP 2017 SUMMER」を受賞した
「HUAWEI MediaPad M3」シリーズの後継機種となる「MediaPad M5 Pro/M5」
 
ペン対応の「MediaPad M5 Pro」はWi-Fiモデルのみだが、「MediaPad M5」は、
SIMフリーのLTEモデルもラインアップ。主要MVNOも取り扱う